山形県東根市で開催される子どものための行政NPO協働推進フォーラム

10年ほど前から山形県東根市は「子育てするなら東根市」を目標に、市民からの声に耳を傾け、いろいろな協働の可能性を見出している。

安倍政権となり国はやっと「地域創生」を柱に掲げはじめたが、その前からこうした地域の過疎化や少子高齢化を止めるための施策に正面から取り組み、手腕を発揮し始めている地域が増えてきている。

雇用や観光ばかりに力を入れすぎると「子育て」というものはどうしても後回しになってします。

「子育てするなら愛媛県」「子育てするなら松山市」と、堂々と胸を張って他県の友人に言いたいけれど、今はまだこの地域にはそこまでの基盤はできていないと感じてきた。

でも、いつか我が娘や息子がココに移住を決めた時、堂々と「住むなら最高」、「子育てするなら最高の環境」であると言いたい。

今回はどうしても東北の今を知りたくて、東根まで行くことにしたけれど、なかなかそこまで足を運ぶことって出来ない人が多いと思う。

でも、そうしたところへ行くと、地域の子どもたちの育つ環境を良くしたいと必死で日々奮闘している仲間に出会うことができる。

日本全国いろいろな地域で頑張っている人たちと出会うたびに、そうした溢れるばかりの内なる想いに私も触発されてきたし、今度もそんな影響を受け続けながら進もうと思う。

 


コメントを残す