札幌市の児童館の方が見学に来てくれました。2月4日活動報告

この日は2月とは思えない暖かな日差しに恵まれた遊び場となりました。参加者も午前20人、午後20人といった感じの流れでスタッフものんびり過ごしました。

午前中に札幌市の児童館関係者が遊びに来てくれました。この日は児童館の全国大会が愛媛であり、空いた時間に遊びに来てくれたのですが、いろいろなお話が聞けて私たちにとっても良い機会をいただきました。

冬の札幌はずっと雪に覆われ、外遊びといえば雪遊び。竹林はなく、杉やヒノキも育たない。竹をイベント等で利用する場合は購入するそうで・・・松山から送りたいな~と思ってみたり・・・

札幌市にはプレーパークが区に1つはあるらしく、児童館も松山よりは充実しているみたいです。運営のための補助金もあるようで・・・うらやましいと感じてみたり・・・

昔から住む地元民が多い松山と違い、開拓者が作り上げてきた街ということが発展してきた要因として挙げられるのかもしれないということ・・・なるほどと納得してみたり・・・

こうした情報の交換もいいですね!勉強になりました(^^)/

そして今日の遊び場ですが・・・竹が豊富にある山だからできる遊びを子どもたちと考えてスタッフと竹ハウスも作っていました。最後は子どもたちが「かくれんぼ」「鬼ごっこ」「けいどろ」で山の中を走り回っていました。スタッフも真剣に遊んでおりました。

今日も子どもたちの笑顔で癒されました(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。