伊予柑収穫体験&中島プレーパーク参加者募集

定員に達したため申し込みを締め切りました。

松山市から船で約1時間のところにある中島でプレーパークを開催します。1月は伊予柑の最盛期ということで、地元のみかん農家さんの協力でみかん収穫体験を行った後に中島プレーパークで遊びます。地元のお母さんたちが作ってくれた大釜うどんと焼き芋をいただき、地元の子どもたちと一緒に中島プレーパークで思いっきり遊びたいと思います。

日時2019年1月26日(土)雨天の場合は1月27日(日)に順延
場所長師公園(愛媛県松山市長師)
スケジュール9:10 三津浜港より乗船
9:25 高浜港より乗船
10:17 中島の神浦港へ到着
10:17 神浦港からバスに乗り中学校前で下車
10:25 中学校前下車後、少し歩いて伊予柑畑へ行き、収穫体験
11:30 徒歩で中島プレーパーク会場へ移動
12:00 昼食(大釜うどんと焼き芋)
13:00 昼食終了後プレーパークに参加
    ※昔遊び、ボール遊び、木工広場、宝さがし、
     大型遊具、ミニコンサートなど
15:00 長師バス停よりバスに乗車
15:24 神浦港から乗船
16:13 高浜港へ到着
16:25 三津浜港へ到着
※三津浜港、高浜港どちらからでも乗船できます。
参加費1家族3人まで1500円(一人増えるごとに+200円)
※参加いただいた方には帰りのフェリー切符が出ます。
【伊予柑送りも出来ます!】
送料込み  5㎏ 2500円
     10㎏ 4500円
※当日収穫した伊予柑も持って帰ることはできますが、それ以外に収穫した伊予柑が欲しい場合は箱に詰めて送ることができますので申込をお願いします。
定員先着15組
持ち物防寒着、軍手、飲み物など
申込方法申込開始は平成30年12月23日(日)午後6時から、下記申込フォームより申し込みをお願いします。定員に達し次第締め切りとさせていただきます。
その他当日天候不良等の場合は1月27日(日)に順延となります。その場合は前日(1月25日(金))午後にはHPにてお知らせしますのでよろしくお願いします。HPアドレスはhttp://asobiba-matuyama.org/ です。
ご不明な点がある場合はinfo@asobiba-matuyama.org までメールしていただくか、080-8902-9627(山本)までお電話ください。また、この申込内容に不明な点がある場合は直接こちらからお電話することもありますのでご了承ください。
主催中島みらいクラブ
共催NPO法人みんなダイスキ松山冒険遊び場

みかんジャー福島へ行く

今年も愛媛のみかんを福島の子どもたちに食べてもらうために、みかんジャーは福島へ本日出発しましたよ!出発する前にみんなのひろばわいわいへ立ち寄ってくれて、お店の駄菓子と一緒に写真を撮ってからメッセージも残していきました。

~みかんジャーからのメッセージを届けます。~

今年で7年目の福みかんですが、毎回福島の子どもたちは愛媛のみかんが届くことを本当に喜んでくれています。愛媛の自然の恵みをいっぱい受けたみかんが届くことを待ってくれています。

↑上の写真は今年の1月28日に興居島で子どもたちとみかんを収穫した時の写真です。

当初は興居島や松山市内の放置されていたみかん畑のみかんを収穫させていただいて福島に送っていましたが、ここ最近は自分たちで畑の整備もはじめています。雑草を刈ったり、肥料を上げたり、摘果をしたりと手間のかかる作業が多いですが、たくさんの方々に支えられこの日を迎えることができました。

皆さんのおかげでこの日を迎えることができたことに本当に感謝でいっぱいです!

福島に行くと、テレビでは報道しない、被災地の現状が見えてきます。それをいろいろな人にちゃんと伝えていかなければと毎回思います。辛い過去というよりは、これからの未来に向けて私たちができることを継続的にできる範囲で伝えていき、福島の子どもたちが元気に育ってくれることを願っています。

そして今回はなんと4トントラックで100箱のみかんと90本のみかんジュースをのせて本日松山を出発しました。

行先としては・・・

群馬県太田市で福みかん活動PR⇒福島県田村郡三春町「富岡町立幼小中学校三春校」でいよかんをプレゼント⇒福島県郡山市「並木幼稚園」でいよかんをプレゼント、そして、みかんジャーと愛媛のゆるキャラみきゃんと共に地元の子どもたちとの交流も楽しんできます。

出会いを大切にこれまでいろいろな人と繋がり、不思議なご縁もいろいろ経験して、たくさんの人に支えていただきこの活動を7年も続けることができました。そしてこれからももっと広げていきたいと思っています。

~これからも福みかんへのご支援どうぞよろしくお願いします。~

・・・みかんジャーさんからのコメントでした。福島から帰ってきたら、訪問した時の写真や感想などもアップします!お楽しみに!

興居島子どもサイクリング活動報告

日時 平成30年1月28日(日)
場所 愛媛県松山市に浮かぶ興居島
参加人数 25名(スタッフ19名)
活動内容

9:00 参加者集合、受付開始。
9:25 船に乗船。
9:35 泊港で下船、イベント説明、、代表挨拶、・福みかんの説明、・担当スタッフ紹介、自転車点検、トイレタイム。
10:30 泊港出発、恋人峠を通りみかん畑へ。
11:00 みかん畑へ到着、収穫方法説明、収穫してみかんをコンテナーへ詰めて畑の横に積む。
12:00 みかん収穫終了、坂道を下るための安全を考えてポンピングブレーキのかけ方を指導、海岸通りを通って船越まで移動。
12:30 船越集会所で昼食、調理班のスタッフが鯛めし、豚汁、バーベキューを作って子どもたちを待っていてくれました。
13:30 馬磯までサイクリングを楽しむグループと鷲ケ巣での海岸での生き物調査を楽しむグループに別れ自転車で移動。
15:00 それぞれのグループが船越集会所に集合し、みんなで集会所の片づけを手伝ってから、泊港へ出発。
16:10 泊港から乗船し高浜港へ、到着後解散。

今年で7回目となる福みかんイベントは小雨が降る中、総勢44名という大人数で開催されました。当初は放置されていたみかん畑のみかんを収穫させていただいて福島に送っていましたが、ここ最近は自分たちで畑の整備もはじめています。雑草を刈ったり、肥料を上げたり、摘果をしたりと手間のかかる作業が多いですが、たくさんの方々に支えられこの日を迎えることができました。

プロが作るみかんにはまだまだ及びませんが、少しずつおいしいみかんを作れるように頑張っています。

今回のイベントは昨年に引き続き、自転車で興居島内を子どもたちと移動しました。6年生から1年生までが一緒に自転車で移動をしたのでそれぞれのスピードが違ってはいましたが、とにかくどんなに坂があってもみんな必死に頑張って走っていました。とくに低学年の頑張りはすごかった!泣き言をいう子はいなくて、「もっと走りたい!」という子ばかり!

磯での生き物調査は井出さんにご指導いただきながら子どもたちが必死に貝を取ったり、イソギンチャクを見つけたりして、寒い中でしたが、あっという間の時間だったように思います。

子どもたちの中にはまだまだ自転車で走り回りたいエネルギーが有り余っている子どもたちがいたので、前回このイベントを開催したときに昼食をいただいた馬磯までスタッフと一緒に走るグループも作りました。

昼食も食べる食べる!焼肉食べて、豚汁飲んで、鯛めしを7杯お替りした子も!
動けばお腹がすいて、また動きたくなって、エネルギー発散できて、気持ちもすっきりするんだと思います。
中にはこの冬空の海に裸で海に入った凄いやつもいました(‘_’)!

子どものみなぎるエネルギーとともに過ごした1日は、冬の真っただ中で小雨が降っていたにもかかわらず、気が付けば熱い一日に代わっていたように思います。このエネルギーはきっと未来を変えるのでは?!なんてことも感じました!(^^)!

とにかく気持ちのいい1日でした!

明日天気にな~れ(^^)明日は興居島でサイクリングです。


今年で7回目のイベント「福みかん」のための「みかん収穫」を興居島で明日開催します。イベントとしては興居島の泊港から御手洗の海岸の上にあるみかん畑まで自転車で1年生から大人までみんなで頑張って走ります。

収穫したみかんは2月頃に福島県郡山市の並木幼稚園などに持って行くのですが、とにかく本当に愛媛のみかんをみんな楽しみにしてくれています(^^)。

収穫後は船越の集会所でみんなであったかい豚汁と鯛めしのおにぎりとお肉を焼いて食べようと思っています。(当初は馬磯でピザを焼く予定だったけど、これは変更となりました。)その後は鷲ケ巣の海岸で少し遊ぼうと計画しています。

↑自転車で走る途中にある恋人峠からの景色も最高ですよ!

明日は雨の予報も出ていますが、晴れてほしいな~!

明日天気にな~れ(^^)/

興居島子どもサイクリング参加者募集中!

あけましておめでとうございます。本年も松山冒険遊び場をどうかよろしくお願いします。

1月以降の活動としては、1月28日に恒例となりました、福島の並木幼稚園に興居島のみかんを収穫して送る「福みかん」があります。

これは震災以来続いている事業で、主に活動しているのは「みかんじゃー」です。

↑みきゃんの前で黄色いお面をかぶっているのがみかんじゃーだよ(^^)/
昨年は愛媛の「みきゃん」とアオリイカの「あおりん」、群馬県のゆるキャラ「ぐんまくん」と福島に行き、並木幼稚園の子どもたちに愛媛のみかんをプレゼントし、FM福島でこのイベントのことをPRしてきました。

毎回本当にみんな喜んでくれます。とにかく福島の今を知ってほしいし、見てほしい。テレビからではなくて、現地に行くと見えないことが見えてきます。それを少しでも愛媛の人たちに伝えていきたいという熱い想いで、定期的に福島に足を運ぶみかんジャーはすごいな~と思います。
ということで、1月28日の詳しい内容を説明しますと・・・
せっかくなら興居島という松山から5分の島を満喫したいということで、子どもたちと自転車で島を半周します。(約合計15㎞)少し坂もありますが、ほとんどは海沿いを走るので、海風を受けながら景色も楽しめます。小雨でも決行するのでその時はちょっと辛いかもしれませんが、みんなで声かけながら大人スタッフもゆっくり走ってくれるので、手は冷たいけど心はホッカホカできっとみんな完走できると思います。自転車でまず泊港から20分ほどの御手洗の海岸まで走り、そこから少し山を登りみかん畑へ。1年間手塩にかけて育てた福みかんをみんなで収穫します。収穫が終了したら、ピザ窯のある馬磯までサイクリング。子どもたち自身がピザを作り、焼いて食べたら、海岸で少し遊びます。風が強くなければ焚火もしようと思います。
そして、再び泊港に向けて出発。!!16:10泊港からフェリーに乗り高浜で解散となります。

ちょっとハードなスケジュールのように見えますが、子どもたちはみんな元気があり余っていてこれほどまでに走っても、公園ではまだまだ走り回ります。ということで、今回も同じハードな感じで企画しました。でも、体調が悪い子は無理はさせないので、当日不安なことがあればスタッフに声かけてくださいね。

詳しい内容はここをクリックしてね!

あと若干名、申込できますよ(^^)/

中島子どもサイクリング体験キャンプ活動報告


今回は11月11日(土)~12日にかけて忽那諸島に浮かぶ中島での1泊2日のキャンプを開催しました。島内は自転車で移動し、景色や風を楽しみ、食事は自炊をし、みかんの収穫体験や磯遊び、移動動物園にも参加させてもらいました。基本のプログラムはあるものの、子どもたちのチャレンジを見守りながら活動を実施しました。


サイクリングのコースは11日が神浦港から大浦港まで行きその近くのみかん農家での収穫体験、そしてそこから中島の西側ルートをとおり、宇和間を経由してゆうきの里に到着。12日はゆうきの里から姫ケ浜海水浴場のある長師公園まで行き、帰りはそこから神浦港まで帰るコースを取りました。

海沿いに面した道をゆっくり走行する中で、坂道や下り坂、トンネルも楽しみました。忽那諸島の島々を横目に見ながら海の満ち引きの変化や風の流れ、みかん畑の景色も楽しめたんじゃないかと思います。


2日目は朝から磯で遊びました。気温は低かったものの、海の中は温かいということで、海に入る子どももいました。貝や魚を捕る漁師はこの季節も貝や魚を取るために海に潜っているみたいです。

夕日もきれいでした。島の夕日は松山市内の夕日とはやっぱりちょっと違いますね!


12日、長師公園で開催していた移動動物園にも参加させてもらいました。いろいろな動物に触ることができて、ポニーの乗馬体験も楽しみました。

※子どもサイクリング体験は次回、1月28日(日)に興居島でも開催を計画中です。次は日帰りで福島の子ども達に送るみかんを子どもたちと収穫して、ピザづくりと磯遊びも行います。

みかんじゃーが福島県にみかんを届けに行きました(^^)/

東日本大震災からもうすぐ6年。

今年もみかんじゃーは福島県郡山市にある並木幼稚園へ愛媛のみかんを届けに行ってきましたよ!

今回はみかんじゃープラス、愛媛県のゆるキャラ「みきゃん」と群馬県のゆるキャラ「ぐんまちゃん」、愛媛県の海で誕生したゆるキャラあおりいかの子ども「あおりん」も一緒に子どもたちと楽しみました(^^)/

今年も興居島子ども体験活動に参加してくれた子どもたちや、地元の人などたくさんの人に協力していただき、中島と興居島のみかんを50箱、子どもたちに届けることができました。

そしてぐんまちゃんからは地元名産の大和芋のプレゼントがありました。

あおりんからはあおりんのキャラクターがプリントされた今治タオルが子どもたち全員にプレゼントされました。

それから、松山の地元の方々が心を込めておってくれた折り紙もプレゼントしてきましたよ!

FM福島にもゲストとして参加してきました!

FM福島のパーソナリティーの矢野まみさんはなんと愛媛県出身です!震災の時にはラジオがすごい情報源となりました。震災の後も現場の状況をちゃんと視聴者に伝え続けたいと想い福島に残ったそうです。

ちょっと不思議な5ショット?!inFM福島

先生たちにも本当にお世話になりました!

子どもたちの笑顔、たくさんの人たちの暖かい応援、そしてこの活動が繋げてくれた支援の輪。そのすべてに感謝をしてまた今年もみかんを作り続けます。

気仙沼あそびーばーのしめ縄飾り

昨年開催した「ツナガって笑顔をみんなで増やそうYA!!」のトークライブを開催するきっかけとなった、気仙沼で遊び場を開催している鈴木美和子さんからお手紙とそれから地域の人が作ってくれたしめ縄が届きました。※下記に掲載

鈴木さんは心細やかな方で、子ども一人ひとりに寄り添い、地域のお年寄りにも寄り添い、東日本大震災のあの津波でご本人もつらい思いをしているにもかかわらず必死で地域を立て直すことに尽力しておられます。

img_4242-2

h28-12-21%e9%88%b4%e6%9c%a8%e7%be%8e%e5%92%8c%e5%ad%90%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%8b%e3%82%89%e3%81%ae%e6%89%8b%e7%b4%99

被災地の子どもたちの様子を聞くたび、胸が締め付けられます。でも地域の応援がきっと子どもたちにも届いていると思います。

防災の話をするとき、被災地の人は必ず「震災前の地域コミュニティーが重要」だと言われます。地震があって地域コミュニティーの大切さを感じても遅い。平和な今この時にできることをみんなで考えて進めていくことが本当の防災につながるのだと思います。

それからこのしめ縄は宮城県気仙沼本吉地区にある「道の駅 大谷海岸」に売っています。もし立ち寄ることがあれば、ぜひ購入してくださいね!幸せがやってくると思いますよ(^_-)-☆

子どもの遊ぶ笑顔が地域を創造する 全国集会報告④

今回の全国集会の問題提起は「子どもの遊ぶ笑顔が地域を創造する」

第7回冒険遊び場づくり全国研究集会は震災から5年経つ宮城県仙台市の東北自治総合研修センターで開催されました。

被災から5年、被災地には多くの遊び場が誕生しました。なぜこれほどまでに子どもの遊び場が重要視され始めたかというと、遊びこむことで子どもの心が復活して笑顔を取り戻していくことが分かったこと、逆に被災地の大人はその笑顔に勇気づけられて元気になってきたこと、そしてその中で地域の絆を強くしていくことが実感できたからです。つまり「遊びを通じた子どもの心のケア」の大切さが今理解され始めてきているのです。

子どもの笑顔=地域の活力=そして地域を創造する力 となるためにはやはり子どもはのびのびと元気に遊びながら育たなくてはいけません。そのために地域の私たち一人ひとりがやらなければいけないことを考え、行動に移すために全国の仲間が集まりました。

sgr_29_hug-3

気仙沼あそびーばーの鈴木美和子さんの話

2011年4月に日本冒険遊び場づくり協会が地域に呼びかけ、気仙沼市本吉町寺谷(てらがい)地区に開設した手づくりの冒険遊び場 気仙沼あそびーばーができました。鈴木さんは震災の時は、津波で家を流された人や泥だらけで逃げてきた人や家族を亡くした人など120人のお世話をして、地域の子どもたちがどこにいたのかもわからなかったそうです。きっとみんな家から出られなかったのか避難所にいたんだと思うのですが、目の前の人を救うのに必死で見えなかったんだと思います。それから鈴木さんの兄弟の家も流されていましたが、そのお手伝いにも行けない状態が続いていたそうです。

その中で始まった遊び場ですがいろいろな発見がありました。子どもが楽しそうに遊ぶ姿に地元のお年寄りが元気を取り戻し、今では遊び場を維持するために、しめ縄を作ったり小物を作ったりして、運営資金を必死に作るお手伝いをしてくれています。

鈴木さんのお孫さんがその当時小学校3年生だったのですが、子どもたちの体力のないことにも驚いたそうです。ターザンロープや高いところからジャンプをしたりして遊ぶこともなく、マッチも使ったことがない子どもが増えていることに遊び場ができるまで気づかなかったことにもショックを感じていたようです。

現在は、住民自身が遊び場をサポートしようと、「気仙沼あそびーばーの会」を2013年4月に設立し、代表の鈴木美和子さんとプレーリーダーを中心に、保護者や地域の高齢者がボランティティアとして協力して継続開催しています。

%e5%ad%90%e3%81%a9%e3%82%82%e2%88%9e%e6%84%9f%e3%81%b1%e3%81%ab%e3%83%bc

特定非営利活動法人こども∞感ぱにー

子ども達がいつも笑顔でいられるために、それを守るのが大人の役目だと思っています…

震災からこれまでの2年間は、子どもたちのあそび場作りと、子どもたちの笑顔を通じて地域の方たちの集まる場所作りに携わらせていただきました。震災当初からしばらくの間、ずっと胸の奥に違和感を感じながら活動を続けていたのですが、それが何か気付いたのは6月に入ってからでした。

あるアーティストチームが石巻を訪れ、子ども達と一緒に映画館作りをした一週間、夕方になると学校から帰ってきた子ども達が会場のある集落の中心部に集まり、映画館のアイディアだしから制作と、あれやこれや言いながら楽しい笑い声であふれかえりました。その集落は漁師町で、船も家も港も…津波によって何もかも失い、大人たちは絶望のあまり将来を考えることすらできなくなっていたように思えます。この頃の街は、崩壊した家の山とコンクリート…あたり一面の乾いた泥で、茶色と灰色の2色でした。そこに子ども達の笑い声が響き渡ったに時、まるで天からの光が差し込んだかのように、町がぱぁっと明るくなったように感じました。

子どもの親御さんが「俺たち大人は元気がなかったけど、こうして子ども達が笑っていると元気をもらうんだよな。けろちゃん、あそび場作ろう!」

それから、子ども達のあそび場作りが始まりでした。子ども達にとっての遊びは、想像力を掻き立て、それを実行・実現することで創造力を培い、自己の発見を繰り返していきます。そして一人では決して学ぶことのできない社会性や協調性を学び、成長していくためのたくさんのエネルギーを交換し合うんです。

でも、震災後、残念なことに遊び場は減少してしまいました。津波によって、海に近い公園は「危険区域」として立ち入りができなくなったり(例えできたとしても、怖くて近寄りたくない子もいます)、瓦礫置き場や仮設になった場所も少なくありません。

仮設暮らしから復興住宅に移るまでのあと数年、学校の校庭で遊べるまであと一年。

大人にとっての一年と、多くを学び吸収する子どもの一年は、同じではありません。

例え一人でも、遊びたいと言う子どもがいたら、思いきり遊ばせてあげたいなぁ~って思います。

今までやってきたあそび場作りは、すべて地域の人たちと一緒に行ってきました。遊び場を作りたいという声は、はじめはぽつぽつですが、やっていくうちに、気が付くと親御さんはもちろん、たくさんの近所の人たちがあそび場にやって来て、一緒に子ども達と過ごしています。

子どもが元気だと、大人も元気になる!

「新しい環」が子どもを通じて生まれているんだと思います。

そして私たちも、子ども達からは笑顔と元気をもらっています。

地元の方たちが遊び場でお話ししていってくださる時間が、ほっこりする時間になっています~

ここに来たきっかけは、震災後のいろいろなお手伝いでしたが、でも今は、子どもたちの成長を見守る一人の大人として、地域の方たちと一緒に子ども達の笑顔を増やしていきたいと願っています。

子どもは宇宙の宝。

大切な宝物を、いつも笑顔いっぱいにするのが、私たち大人のお役目なんだろうな…と思いながら、毎日楽しく動き回っています。

一緒に楽しみましょう~!

皆さんとの出会いに感謝。

大自然に生かされていることに感謝です。

こども∞感ぱにー 代表 けろ
※この内容は特定非営利活動法人こども∞感ぱにーのHPより引用しています。